位置情報

  1. ホーム
  2. 利用案内
  3. はじめての方へ

ここから本文です。

利用案内

はじめての方へ

資料利用券の申込み

資料利用券の発行は、袖ケ浦市に在住・在勤・在学の方、及び近隣4市(木更津市・君津市・富津市・市原市)に在住の方に限ります。

利用申込書に必要事項を記入し、ご本人の住所・氏名が確認できるもの(免許証・保険証・住基カード等)を添えてカウンターにお申し込みください。「資料利用券」を発行します。お子さんの場合も同様です。(母子健康手帳・お子さん本人の保険証等)
発行した資料利用券は、袖ケ浦市内の3つの図書館・2つの公民館図書室どこでも共通して利用できます。

  • カードをなくしたり、住所等に変更があったときは、カウンターへお申し出ください。
  • 袖ケ浦市内に在住・在学の方は、ご本人の住所の証明と合わせて、在職証明書や学生証等が必要となります。くわしくはお問い合わせください。

資料を借りるとき

資料利用券と借りたい資料をカウンターへお持ちください。

  • 貸出点数は 1人15点まで、貸出期間は2週間以内です。
    ただし、録音資料は3点まで(15冊の中に含みます)。
  • 貸出できる資料は以下のとおりです。
    図書(館内表示のあるものを除きます)
    雑誌(最新号を除きます)、紙芝居
    録音資料(レコード・カセットテープ・CD)
    • 映像資料(ビデオテープ・レーザーディスク・DVD)は館内視聴のみです。
    • 保管場所が「学校用書庫」となっている図書は、市内の学校への団体貸出専用ですので、個人利用者への貸出は行いません。(学校の夏休み期間に限り、個人利用者へも貸出します。ただし、貸出期間の延長はできません。)
  

貸出期間を延長したいとき

貸出を受けた資料を続けて利用したいときは、期限内に連絡をしてください。1回に限り、貸出期間を2週間延長することができます。貸出日から1週間を経過した日から受付します。
電話でも受付しておりますので、「資料利用券」の利用者番号をお知らせください。

市内在住・在勤・在勤の方は、パスワード登録をすればOPAC(利用者用端末)や図書館ホームページから、ご自分で延長の手続きをすることができます。「利用照会」の画面でログインし、「貸出中一覧」の画面から手続きしてください。延長が可能な資料には、貸出日から1週間を経過した日から「貸出延長」というボタンが表示されます。

  • 袖ケ浦市以外の図書館から借用した図書・雑誌、予約のかかっている資料については、期限を延長することはできません。

資料を返すとき

開館中は、カウンターにお返しください。返却の際に資料利用券は必要ありません。
市内のどの図書館・図書室でも返すことができます。
ただし、袖ケ浦市以外の図書館から借用した資料は貸出を受けた館へ必ず返却してください。
閉館時は、図書・雑誌は図書館入口のブックポストに返却できます。
ただし、紙芝居・録音資料・袖ケ浦市以外の図書館から借用した資料は中身を確認しますので、ブックポストには入れないでください。

資料の探し方

図書館内にはOPAC(利用者用端末)を設置してあります。OPACを使って、市内全館の図書・雑誌・CD・ビデオ等を探すことができます。また、インターネット・携帯電話からも所蔵資料を検索することができます。
本が見つからない時や、調べ方がわからない時は図書館の職員がお手伝いします。お気軽におたずねください。

開館時間

市内の図書館・図書室の開館時間は、以下のとおりです。

  • 4月から9月:午前9時30分から午後7時
  • 10月から3月:午前9時30分から午後6時
  • 通年:午前9時30分から午後5時

休館日

市内の図書館・図書室の休館日は、図書館カレンダー新しいウィンドウが開きます。に掲載しています。 確認したい図書館・図書室のボタンをクリックすると、その館の休館日が表示されます。

  • 全館共通の休館日
    定期休館日:月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館します。)
    月末館内整理日:月末日、ただし月末が土曜日から月曜日の場合は直近の金曜日
    年末年始:12月28日から1月4日まで
  • 特別整理休館
    蔵書点検作業のため、館ごとに日程をずらして休館します。(例年は2月に実施します)
  • 臨時休館
    特別の事情のため臨時休館する場合があります。その際は、広報等でお知らせします。
このページの先頭へ戻る